タイトルが思いつきません。

出産、育児、保活の備忘録として始めてみました。

足裏のほくろの手術を受けました ①発見と受診編

2年ぶりの更新です笑

ワーママ3年目何とかやってます。

久々に時間とネタができましたので、書いてみました。

先日、足裏のほくろ除去手術を受けまして、経験者の方のブログがとても参考になりましたので、私も1人の経験者として記録を残しておこうと思います。

※最後にお見苦しい足裏写真がありますので注意してください。

 

大学生の21歳頃に突然、足裏にほくろができました。

もちろん自分では気付かず、当時は実家に住んでいたので、ゴロゴロ寝そべる私の足裏を見た母が気付いたのです。

ほくろにしては割と大きめでしたが、私は気にかけず。

 

時は経ち今年の3月、イボの除去のために地元の皮膚科に通っておりました。

ふと足裏のほくろを思い出し、聞いてみることに。

すると、その場でサイズの計測とダーモスコープ(特殊なコープで皮膚を拡大して診れるもの)までしてくれました。

サイズは縦8ミリ、横2ミリ。

ダーモスコープでは、良性ぽいとのことでしたが、色が濃く、サイズが大きく、境界が不鮮明・・といくつか良くない特徴があるため、総合病院へ紹介状を書いてもらうことに。

ちなみに悪性の場合・・メラノーマという皮膚がんになります。

 

またまた忙しくしてるうちに時が経ち、今年の9月。

ようやく総合病院の皮膚科を受診したところ、再びダーモスコープ。

話が逸れますが、予約して行ったものの、2時間以上待つことに。。半休では間に合いませんでした。自分の検査で有休追加とは手痛いところです・・

良性の場合は皮膚の「谷」に色がつき、悪性の場合は皮膚の「山」などに色がつくそう。

谷側なので良性だと思うが、色が濃いのが気になるとのこと。

半年毎の経過観察でも良いですよ、と言ってくださったものの、半年毎にこんなに時間を費やすのは厳しいし、モヤモヤしながら過ごすのも嫌だったので、取ってしまうことに!

元々良性でも、将来的に悪性になる可能性もゼロではない、という言葉が決め手でした。

あの時取っておけば!って思いたくなかったので。

 

手術自体はとても簡単で、1泊2日入院。

部分麻酔なので食事制限もなし。

ただし、しばらく通常の歩行は困難とのこと・・通勤、出張、保育園の送迎など問題は山積み。

横浜駅の乗換えが辛いんですよね(°_°)

 

手術前日のほくろさん。

さようなら、15年間一緒でしたね。

大学時代付き合ってた大好きな彼氏と別れた時、語学留学、就職活動、卒業旅行、一人暮らし、新人であたふたしてた頃、異動、結婚、出産・・いつも一緒でしたね。

こんなこと考えること自体、歳を取ったな、と思いました。

 

 

f:id:waitingforspring:20191118212208j:image

 

総合病院の先生は、「顔が良くない」と仰っていました。

②の手術編へ続きます。