読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルが思いつきません。

出産、育児、保活の備忘録として始めてみました。

育休中にやっておきたいこと(その2)保育園以外のこと

保育園以外でも、育休なんて人生にそうあるものじゃないので、やりたいことが多いです!

 

復帰に向けてのあれこれ

(1)家の片付け、レイアウト替え

先に復帰した先輩方から、「ルンバ必須!!」と言われます。

こまめにお掃除する時間はないってことですね・・・そうよね。。

掃除ロボット、乾燥機付き洗濯機、食洗器が3種の神器といわれました(笑)

掃除ロボットまだ買っていませんが、購入に備えて稼働できるようにお部屋の片づけ、レイアウト変更をしたいと思います。

ルンバさんに平日掃除してもらい、週末にクイックルワイパーで何とかなるようです!お金で解決、共働きの選択ですね。

 

(2)不用品の処分

上の(1)と繋がりますが、自分の洋服を大幅に減らしました。子どもの持ち物がどんどん増えるため、それを収納するためでもあります。

洋服が好きなので、20代の頃から沢山の服を所持してきましたが、デザイン的にもう着れない服もあるし、子どもとの生活で不向きな服も多くて、半分以上処分してしまいました。

ワーキングマザーとなる今後は「少ない洋服で着回し」が課題です。

でも、レースだったりアンゴラニットだったりでも、本当に大切にしたい服はとっておきます!好きな服まで処分したら、心の潤いをなくしてしまいそうなので。

本やCDと一緒にブックオフに引き取ってもらいましたが、新品もあったし、ゾゾタウンを併用すればよかったと後悔中。

 

(3)通勤服の購入

(2)と矛盾しますが・・・。体重が戻っても体型が戻ってないので、入らないボトムスが多くて(T_T)

多少購入しないとダメそうです。ショック。

 

今しかできない楽しいこと

平日に休みってもう今だけだし、有休はおそらく子どもの病気で消化してしまうので。

(1)友人に会う

とくに専業主婦の友人は、復帰すると時間がまったく合わないため、今のうちに会っておきたい!!

今おかれている状況は違えど、学生時代の友人に会えると本当に楽しいです。あっという間にあの頃に戻れる。

子連れでもちょっと頑張って、遠くまで出かけています。お互いに子連れだと、気を遣わなくて済みますし。

 

(2)銀行や保険の手続き

働いていると、銀行や保険の手続きが本当に大変で・・・

平日休めないし、休めたとしてもとても時間がかかるので、今のうちに手続きしておきたいです。

私はメインバンクを変えようかと思っています。

 

尻切れトンボ気味ですが、こんなところでしょうか。

掃除ロボットの比較検討をしなくては。

 

育休中にやっておきたいこと(その1)保育園の準備など

保育園入園が目前に迫ってまいりました。保育園に入れることがとても嬉しい一方、まだ生後半年の我が子と離れる寂しさは尽きません・・・

それはさておき。以前に

産休中にやりたいこと - タイトルが思いつきません。

という記事を書きましたが、今回は育休中(仕事復帰前)にやりたいことを書いてみます(^^)

 

保育園関係

(1)入園準備品の購入

保育園によって色々と異なるので、これは本当に、入園説明会を待った方が良いと思います。

例えば肌着や洋服について、

  • 0歳のうちはつなぎOK
  • 上記と同じだけど、できればセパレート推奨(うちの園はこれです)
  • 0歳ねんね期でもセパレート指定

などの違いがあったり。肌着はユニクロの大型店に3点990円のものがあって、説明会後の3月上旬に買ったのですが、3月後半の現時点になると店頭では売り切れでした。説明会の開催が遅いと売り切れ多発かも。。

慣らし保育の間はそんなに大量に使わないはずなので、焦らずに4月上旬に買った方がいいのかもしれません。

他にもメジャーどころのお昼寝布団について、

  • 布団は園で用意、敷布団・掛布団ともにバスタオル等でOK
  • 布団は園で用意、敷布団・掛布団ともに指定サイズでシーツを持参(うちはこれ)
  • そもそも布団から購入して持参

などがあり、シーツ持参でもスナップ指定だったり、サイズに細かい指定があったり、本当に園によって違うようです。

指定サイズのシーツって手作り?!と青ざめなくても、対応いただけるショップが楽天などに沢山あります!ありがたい。

我が子は0歳で、現時点で好き嫌い等はないため、キャラクター物は避けて優しい色合いのものをオーダーしました。

唯一、説明会前に買って大丈夫そうだったのは、お名前スタンプ&お名前シールくらいかな、と思います。ただ、まれに漢字指定の園もあるそうで、そうなると買い直しですが・・・

タオル地のものにどうやって名前をつけるのがいいのか悩んでます。シールだと接着が悪そうだし、全部縫い付けるのは結構大変だし・・

 

(2)入園準備作業

買う・手作り以外だと、名前付けですね!アイロンシールを貼ったり、フロッキーで名前を書いたり。

名前付けも園によっては細かい指定があるそうなので、説明会を待ちましょう。

うちは布団カバー以外は細かい指定がないので、シールを活用しながら適当にやります。靴下とか、ビニール製のもの(お食事エプロンなど)が悩ましいな。

 

(3)生活リズムを整える

1歳児さんだったらもう整ってるのかもしれませんが、我が家はまだ生後半年なので、起きる時間もバラバラで・・・

幸い、3月頃から朝5時~6時半には起きるようになってきたので、何とかなりそうかな。日によって朝がかなり早いので、親の方が辛いんですが(^^;

持ち物の準備をしたり、検温したり、保育園に通いだすと朝の準備が増えるので、どのくらい時間がかかるのか試してみても良さそう。

 

子どもが病気の時の備え

保育園に通い始めると、病気のオンパレードになるらしく・・・

個人差はあるそうですが、はじめの3ヶ月~半年は覚悟した方が良さそう。。

といっても、どうしても休めない日はあるわけで。

インフルエンザのように、●日間登園禁止のような病気が多発すると、有休も足りなくなります・・・

祖父母ヘルプがあれば一番いいけど、それができない人もいますよね。我が家も母方はフルタイム就業中、父方は死別のためヘルプが望めません(+_+)

子どもが登園できないときの対応として、

  1. 父母が休む
  2. 自治体の病児保育を利用
  3. 病児シッターの利用

を考えています。基本は1でいきたいけど、ダメだった時のための備え。

(1)病児保育登録

自治体によると思いますが、横浜市の場合は施設に直接登録します。各施設とも定員4名しかいないため、実際は定員一杯→キャンセル待ちになるみたいです。

ただ、自分の居住区以外も複数登録できるため、隣接区も登録しておいて、いざ使う時になったらどんどん電話する予定。

川崎市在住の友人によると、当日朝にキャンセルが結構出るらしく、それに期待です。(横浜と川崎は色々な制度が類似しているので、別の自治体だけど参考になります)

 

(2)病児シッターの利用

かなり高額になりますが、自宅にシッターさんが来てくれて、親が帰宅するまで見てくれる民間サービスがあります。

一番有名なのはフローレンスさんでしょうか。人気がありすぎて抽選登録になっているようです。

検討した結果、我が家は地域のシッター会社さんが行っているサービスに登録する予定です。(月会費がかからないため)

実際に使うかどうか分からないので、登録して終わりかもしれません。

逆にかなりお世話になるようだったら、フローレンスさんにも申込むかもしれません。子どもによっても違うので、スタートしてみないと分かりませんね・・・

 

病気時以外でのサポート登録

一般的に「ファミサポ」と呼ばれる制度です。横浜市では「子育てサポート」という名称で、近隣の協力会員さんが子どもを預かってくれたり、保育園の送迎をしてくれたりする制度です。

まだ月齢も小さいし、今のところお願いする予定はないのですが、登録のためには説明会に参加が必須なので、育休中に登録だけ済ませておきます。

シッターさんとは違うので、登録したから必ずお願いできるわけではありませんが、小学校6年生まで利用できる制度なので、いずれお願いしたい場面はありそうです。

預かる方も一般の方なので、人によっては抵抗もあるのかな。私は実家でもお願いしていたので、まったく抵抗がありません(^^;

むしろこれを機に、地域の方で知り合いになれたら有難いな、と思います。

お世話になる側なので、定年退職後とか、いつか預かる側にもなれたらいいな。

 

長くなってしまったので、保育園以外はその2に記録します。

赤ちゃんの個人差と産後クライシスについて

保育園と仕事復帰が近づいてきた。

もうすぐ子どもと1日一緒の生活も終わってしまう。寂しい。

育休は約4ヶ月。短いと言われるけど、1年4ヶ月じゃ保育園入れなかった可能性高いし、自営やフリーランスの人は育休もないし、贅沢言ってられない。でも寂しい。

復帰したらブログ更新とかできなそうだし、今のうちに産後のことなどを色々記録しておきたい。

 

我が子(男子)はあまり手のかからない子らしい。私は第1子だからよく分からないけど、そう言われる。

手がかかろうとかかるまいと、可愛い子であることに変わりはない。けど、難易度が違うのは間違いないと思う。

赤ちゃんは本当に個人差が大きい。

「女の子は手がかからない」とか「病気に強い」とか言われるけど、男女差よりも個人差が大きいと思う。(手がかからないっていうのは幼児期以降のことかも)

赤ちゃん育児の難易度を決めるポイントは、

  • 寝てくれるか
  • グズり(理由不明の泣き)が多いか
  • 食欲はあるか
  • 病気や皮膚トラブルの多さ

だと思う。本当に個人差が大きくて兄弟でもちがうみたい。

「寝てくれるか」が一番重要で、今では結構寝てくれる我が子でさえも、最初は昼夜逆転で、夜は10分しか寝なかった。

それが2~3時間になり、5カ月の今では8時間も寝てくれるようになった。もう、すごく楽。友達の子は2歳の今でも3時間に起きると言っていた。正直、何の違いなのか分からない・・・

その代わり、我が子はお昼寝を30分しかしない。ずーっと起きていて、ずっと遊ばないといけないので、家事はあまり進まない。(それでもいいか!と思ってる。夫ごめん笑)

1カ月健診で同時期に入院した人に会って、母乳で6時間寝る子もいれば、ミルクで2時間しか寝ない子もいた。

※一般的に、ミルクの方腹持ちが良い(消化が遅い)ので、長く寝ると言われている。

 

産後クライシスについて、夫が超・協力的な我が家でも多少はあった。

一番の原因は「寝不足」だと思われる。寝不足の2人が命を預かって必死、2人とも余裕なし。まぁ平穏に過ごせるほうがレアだと思う。

といっても、どっちかが不機嫌になってしばらく沈黙、どっちかが謝って終了程度。

やってほしいこと、改善を求めることがあるなら、できるだけ冷静に言葉で伝えること。

分かってはいても、出産後ずっと寝不足で、おまた裂けてて痛いし、おっぱいも切れてて痛いし、あれもこれも不安で、中々そうはいかない。

私は一度部屋で一人になって、30分くらい経って自分が落ち着いたら伝えることにしている。

あとは想像力だろうか。

夫は仕事に行きながら、夜起こされたり、お風呂に入れたり、休日には1日中育児をしている。

妻は家にいるけれど、ゆっくりご飯を食べることもなく、休憩時間ゼロで1日中ひたすら1人で育児をしている。

どっちも辛いのよ。

私も仕事に戻るから、仕事の大変さもわかる。仕事をしながら夜起こされるのがどんだけ辛いか・・・

でもね、育児の何が大変か、1日も(赤ちゃんが起きてる時間は10分だって)休みがないことなの。

仕事だったら、繁忙期超えたら落ち着いたりするし、定休日もあるでしょう。

それがない。むしろ昼休みもない。愚痴を言い合う同僚もいない(夫が同僚)。

通勤時間にスマホいじったり、本読んだり、音楽聴いたりもできるでしょう。

それもできない。スマホいじりたくて、無意味な時間を過ごしたくて、仕方なかったよ。(今はもうできるけど!)

孤独で、不安で、張りつめてて。返事の返ってこない赤ちゃんにずっと話しかけて。

ずっと家にいるけど、ものすごく疲れるの。誰かと会話したい。私言葉忘れちゃうんじゃないか?くらいに思ってしまう。

これを夫にも伝えたし、夫も想像してくれたし、それで何とかなったのかな。

育児、全然まだ終わりじゃないけど。

あと、私からじゃなく、夫の上司や部下(両方子どものいる人)が、育児の大変さや心構えを伝えてくれたのが良かったですね!!

妻からでなく、夫側の人が言ってくれると違うよね。

夫の元上司が「子どもが1歳になるまで、家では絶対お酒飲まなかった。急病になって、病院に車で行かないといけないかもしれないから。」と言ってくれて、夫にも多少響いたようでした。

 

などと言っても、子どもは本当に可愛いです。

初めて笑ってくれた日、忘れません。

声を出して笑ってくれると、いつまでもその遊びをしたくなる(けど子どもが飽きて笑わなくなる^^;)

泣いてる顔さえ愛おしい。言葉にできなくて辛いよね、泣くしかなくて辛いよね、分かってあげられなくてごめんなぁ、とひたすら抱っこする。

ぷにぷにのお肌も、一生懸命新しい動きを習得しようとするところも、可愛くて大切で仕方ない。

生後1か月くらいは、1人になりたい!ゆっくり寝たい!と思う日もあったけど、子どものいない頃に戻りたいとは思いませんでした。まぁ自分で選択した道だし・・・

でも、子育てが本当に辛い人を自己責任といって責めないでほしいです。手のかからない我が子でも、結構辛かったもの。

とりとめのない文章でした。すみません。

産後4ヶ月

久しぶりにブログ更新してみます。

子どもの成長は個人差が大きいと思いますが、我が子の4ヶ月記録として。完全に自分のための記録ですが・・・

  • 首すわりは2ヶ月半でした。
  • 寝返りは3ヶ月ジャストで開始しました。
  • 手が使えるようになったのは4ヶ月半でした。
  • 夜20時頃~朝4時頃まで寝るようになりました。
  • 病気はほとんどありませんが、一度だけ鼻風邪をひきました。
  • 首まわりなどのこすれる部分に時々が出ますが、病院で薬をもらうとあっという間に治ります。赤ちゃんの新陳代謝すごい。ただ、悪化するときも一気にします。
  • 昼寝が短いため、遊んでほしい時間が多くて、家事はあまりできていません。
  • 4ヶ月~首がしっかりしてきたので、料理などはおんぶでしています。
  • 起きている時間が長くて、親子ともに家で二人きりだと遊びがマンネリ気味です。
  • 上記の理由もあって、3ヶ月以降はほぼ毎日外出しています。インフルエンザやノロが落ち着いてきたので、4ヶ月以降は週2~3回支援センターや商業施設など人の多い場所へも行っています。
  • 家族以外の人、他の子どもに会うことは大きな刺激になっているようです。その分疲れるようなので、無理のないようにしています。

首すわり・寝返りはかなり早い方だと思いますが、最近まで手が使えませんでした。

手が使えないとおもちゃで遊べないので、一人遊びができず、家事があまりできません(^^;)

また、寝返り始めるとオムツ替え、着替え、お風呂上りのクリーム塗りが大変です。セパレート服はほとんどが80センチからでまだ大きいし、70センチの服は着れる期間が短いのであまり買いたくなくて・・・

80センチの服は、7分丈のパンツが良さそうです。4ヶ月でも、10分丈として着れます。

また、ウンチ時にも寝返りしようとするので、毎回親子の攻防戦です(笑

広告を非表示にする

2016横浜市保活9 保活ふりかえり・今後について

前回の内容と多少重複しますが、忘れないうちに保活を振り返りたいと思います。

(けいゆう病院関係と同じく、保活記事もタイトルをまとめました)

横浜市(激戦区)の保活について個人的な所感

都内の激戦区よりはマシだと感じています。0歳4月入園で、幅広く希望すればどこかには入れそうに思いました。

もちろん年によって状況が異なるため、今後も同じとは限りませんが・・・

ただ、0歳でも駅前人気園2~3園には入れなかったので、1歳4月加点なしで突撃した場合、全て落選もありえると思いました。見学時にも保育園スタッフから「1歳入園は厳しいです」と言われているケースは何度かありました。

夜勤加点とかあれば、0歳4月で人気園に入れたのかもしれない。この1点差が大きいんでしょうね・・・

1歳でも認可外加点 or きょうだい加点があればどこか入れそうですが。

 

認可園の転園について

送り迎えに時間を要する園に決まったため、都内在住の先輩方から転園を狙え!と言われましたが、横浜市の場合は同ランクの場合、転園希望者は入園希望者より後回しになるので(そりゃそうだろと思う)、正直難しそうな気がします。

こないだの4月から待機児童数ずっと見ていたけど、入る園で15人未満の時はなかったもの。この15人が全員Bランク以下だったら転園できるんだろうけど、そんなことあるかね・・・?

転園についてはもう少し調べてみますが、入れただけで儲けものだし、良さそうな園なので最初から転園の意思はあまりなく。もちろん最寄り駅の園だったら助かるけど・・・

きょうだい別園の場合などは、後回しにならず希望できるようです。

自分で考えてるだけだと情報の正確さが怪しいので、復帰前にもう一度保育コンシェルジュさんに相談に行ってみようかな。

 

今後(第2子を授かったとき)について

今回は第1子だし、第2子はきょうだい加点があるから!とあまり深く考えずにいましたが、第2子申請時に時短勤務にしているとBランク以下となって(※)、加点ありでもかなり不利になることが判明。昨年度までは契約時間で見てくれたそうだけど、今回からの変更点らしい。

※勤務時間による

あと、第2子の育休で退園になる条件があったはずなので(入園から4カ月未満だったかな?)、ここ要確認。

まぁそもそも授かるかわからないし、今考えても仕方ないんですが、不明点をそのままにしたくないので、やっぱり育休中にもう一回コンシェルジュさんに相談行こう・・・

自分への戒めとして、下記を記しておきます。

  • 保活の手間(情報収集・区役所への連絡・見学など)は惜しむべからず
  • 申請書は隅々まで読み、不明点は自分で見当をつけずに区役所へ確認しよう
  • 年度によって条件変更があるので、保活経験者でも必ず再確認を

 

保活の記事はひとまず終了予定です。

第2子授かったら、また書くのかな・・・。こんな記事書かないで済む世の中になってほしいな。

2016横浜市保活8 保育園結果通知

1/27(金)結果発送、我が家は1/28(土)午後に届きました。

郵便事情により、週明け着だった方もいるそうです。

こんなにドキドキしたのは大学受験以来かも^^;

大学受験と違って模試もないし、自分の立ち位置が不明すぎて。

 

我が家の結果

第4希望(認可保育園)に入園できました!

しかし、最寄り駅の保育園には入れず。隣接区の保育園です。

でもギリギリ徒歩で行ける+通勤方向なので有難いです。

横浜市は何園でも希望できるので、通勤方向+反対方向1駅まで幅広く希望しました。

正直いうと、最寄り駅・隣駅の第6希望までに入れたら・・・と思っていたので、良かったです。

しかし0歳でも最寄り駅の園(2~3園)に入れないとは、入れた人はどういう人なんだろうか。兄弟児や、もっと加点事情のある世帯で一杯なのかな。

第2子を授かったら、兄弟在園加点があるので、今度こそ1歳まで育休とりたいと思ってましたが、甘いですかね・・・

 

保活振り返り

入れた理由は、普通で申し訳ないのですが

  • 0歳入園
  • 地域、種類含めて幅広く希望を書いた

だと思います。0歳復帰の私でも、駅前人気園のみ・第4希望まで、にしてたら保留(落選)だったということで。

横浜市は希望順位が選考に直接影響しないので(点数順に並べて、点数の高い人から希望順位の高い園に入れる)、行きたい順に書けばいいのですが、それでも駅前人気園のみを書いたら危なかったかもしれない。点数高い人で席が埋まってしまうのね。。

1歳加点なしで認可園に入れる気がしなかったので、絶対どこかに入れたい!と思い、新設園も小規模保育も書きました。

小規模保育は2次選考でも空きが出ていたので、コンシェルジュさんが仰っていたとおり、内定辞退がいそうな感じします。

0歳児は内定しても、「やっぱりもう少し一緒にいたい」と辞退する方もいるそうで、おまけに小規模保育は3歳で再度チャレンジが必要になるので、さらに辞退が発生しやすいそうです。

私も子どもと離れるのは辛いですが、いつまでも入れなかったら給料も入らないし、退職が見えてくるので仕方なーい!(T_T)

1歳加点なしの人は結構厳しそうでした・・・。認可外加点か兄弟加点があれば入れそうな感じはするけど。年によっても違うので、無責任なこと言えませんが。

横浜市内でも、区によって全然状況が違うようなので。

今更ですが、私はいわゆる激戦区(鶴見・港北・神奈川・西)のいずれかです^^;

戸塚、都築、保土ヶ谷とかも人気の住宅地ですが、どうなんでしょう。新設の大規模マンションとかあると状況変わったりしそうですね。

 

保育園が決まったら

次は入園準備!ですが、園によって用意するものは大きく異なるそうなので、入園説明会を待ちます(>_<)

今セール期間なのになー。80センチの上下分かれた服(ロンTとか通年着れそうなもの)は、いずれ使うと思うので買ってしまいました。

フードなし、装飾なしのものを。冬服は高いので、ホントは来年の分買いたいんだけど、来年のサイズがよくわからないので(80センチ?90センチ?)あまり買えず・・・

お名前スタンプ、お名前シールも買ってしまいました。3月になると時間がかかると聞いたため・・・

漢字指定の園だったら買い直しだけど(+_+)

スタンプは、とりあえずオムツ用ということで、セットではなく1種類だけ買いました。

[rakuten:2zest:10003093:detail]

 

横浜市、保育園施策頑張ってると思う!ここ数年の増設ぶりを見れば、力入れてるのもわかるよ!

でも、年度途中とか、1歳~2歳のタイミングで、もっと入園できるようになって・・・

具体的な提案ができないのに、人頼みってどうよと思うけど。

 

産後ヘルパー制度を利用してみた感想

以前の記事(里帰りしない場合の産後のヘルプ体制について - タイトルが思いつきません。)でも書きましたが、私は里帰りしていないため、横浜市の助成制度「産後ヘルパー」を利用しています。

その感想などを残しておきます(^^)

 

産後ヘルパー制度の利用方法(横浜市

 (詳細は区役所に確認してください♪)

産後5カ月までに、20回まで利用できます。(確か第2子以降は産前も利用可、双子ちゃんだと40回まで利用可)

お願いできる内容は、家事・育児補助。具体的には、料理、洗濯、掃除、沐浴介助、子守りなどですね。

利用料金は、1回2時間で1500円(所得によってさらに安い場合あり)。個人でヘルパーさんを依頼すると、おそらく倍以上かかりますので大変安価です。

産前 or 産後に区役所で申請を行い、認定された後に利用できるようになります。また、出産後に利用開始届を提出します(郵送でOK)。

産後に区役所に行くのは困難と思われるので、産前に行くことをおすすめします。34週以降にならないと申請できなかったと思います。

区役所では、ヘルパーさんが必要な理由などを聞かれました。

複数の事業者さんがあって、利用者が希望する事業者を選ぶ形になっているので、区役所で申請する前にどの事業者を希望するか決めておく必要があります(^^;)

私は、どの事業者がいいのかサッパリ分からないため、複数の事業者に電話してみました。

電話してみて良かったです。

お願いできる内容、キャンセル規定などは共通なのですが、事業者ごとに細かい取り決めが違っていました。

例えば、

  • ヘルパーさんにお願いする内容をあらかじめ決めておかないとダメな事業者、その場でお願いしてOKな事業者
  • (料理をお願いする場合)決められたメニューがある事業者、家にある材料で料理してくれる事業者
  • 派遣日時の決め方の違い
  • 利用料金の支払い方の違い

など。

「決められたメニューがあるので、その材料を用意していただくようになります」と言われた時は、ちょっと驚いてしまいました(^^;)

産後のお母さんに良いメニューとのことですが、個人的には面倒くさすぎる。そもそも自分で買い物に行けないし。

5~6社に問い合わせしてみて、一番融通が利きそうで、一番感じの良かった事業者さんを希望しました。

中には制度の内容をいまいち理解してない事業者さんもいて、微妙に違う内容を説明され、「こういう制度なんですがご存じですか」とか言われちゃって、ここは止めとこうと・・・。

あまりメジャーじゃない制度なのかなぁ。

保育園もそうですが、お家に来てもらうわけだし、数カ月お世話になるので、問い合わせの手間を惜しまなくてよかったです(=_=;)

 

実際に利用してみた感想

とても良いです。第2子の時があったら、また絶対使います。

おそらく事業者さんが良かった、実際来てくださったヘルパーさんが良かったというのもありますが。

私は主に、料理・掃除・子守りをお願いしています。

かなりの時間泣いている赤ちゃんと二人きりだと、落ち着いて掃除なんてできません。自分がやるよりキッチリやっていただけるし(笑)

産後2週間くらいは体も不調なので、長時間立っているのが辛くて、料理もあまりできなかったです。

寝不足と慣れない育児で疲れてるのに、お家の中がめちゃくちゃ、コンビニ弁当なんて悲しいので、本当に助かりました(>_<)

子守りをお願いして、睡眠をとるのも超おすすめです。1~2時間でも落ち着いて寝れると全然違う!

産後1カ月までは料理をお願いすることが多く、2日分くらい作ってもらって、次の日のお昼もカバーしていました。

3週間目くらいからは赤ちゃんが寝ている間に料理ができるようになったので、掃除を多めにお願いしています。

私は週2ペースで利用していますが、一番辛い最初の1カ月に集中的に利用する、週1ペースで長い期間利用するなど、色々な方法がありそうです。

 

また、来ていただいたヘルパーさんがとても良い方で、先輩ママさんでもあったので、母乳・湿疹・今後の子育てなど、何気ないことの話し相手になっていただけたのも、すごく有難かったです(T_T)

家に赤ちゃんと二人だと、会話がないので・・・。ひたすら赤ちゃんに話しかけ、独り言状態。

何か心配ごとがあると、検索魔になって不安になったりしますよね。

私は湿疹(あせもと思われる)が出た時、アトピーか!?アトピーだったらどうしよう・・・!!と不安になりまくりました。いや、もちろん今後アトピーになる可能性もありますが。

先輩ママさんに「よくあることよ~」「こうしてみたら?」などと言ってもらえて、ホント助かりました。

実は家事補助よりも、こっちの方が大きかったかも。

割と近所の方だったので、地域の情報を聞けたのも良かったです。(病院の評判、学校の評判など)

あまりに良い方だったので、個人的にベビーシッターをお願いしたいと考えているほど・・・。

 

そんなわけで、産後ヘルパーを検討されている方は、事業者さんをよく確認して是非活用されることをお勧めします!