読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルが思いつきません。

出産、育児、保活の備忘録として始めてみました。

育休から復帰して約2週間の所感

途中下痢による休暇をはさみながらも、仕事復帰して2週間経ちました。

復帰前、不安で不安で仕方なかったので、もしこれから復帰する方の参考になれば・・・

 

仕事について

私は育児時間(短時間勤務ではない)取得で、以前より1時間ほど短い勤務時間で働いています。短時間勤務にすると第2子の保活でBランク判定になるので、今後どうするか悩みどころです・・・

たった1時間だけど、仕事を終えるの結構大変です。なにしろ残業という手段はもう使えないので、終わってなくても帰らなきゃいけない状況(^^;

しかしプラスに考えると、一人働き方改革ともいえます。

要・不要の判断をして、手をかけるべきでないものはスルー、早めにできるものは早めに処理、最悪これだけは仕上げなければ、というものをとにかく先に・・・

結構、効率上がってます。まぁ終わってないけどね(T▽T)

クレーム処理とか、1発トラブルが発生したらもう絶対終わらないなって思います。

まぁこの辺は職種とか、何より職場のフォロー体制によりますよね

 

育児について

朝と夜しか触れ合う時間がないので、まぁ寂しいです。。

1日中キャッキャしてたので、、、でも、仕事してる間は感傷に浸ってる余裕もないので、寂しいなと感じるのは、出勤前とか子どもが寝た後ですが。

その分土日は大切にしたいし、大切にできるかなと思います。

当たり前ですが、あーもう1人になりたい!っていう感情はなくなりました(笑)

ああ、昼寝できたのが懐かしいなぁ・・・

 

全体の所感

私は復帰して悪くなかったなと思っています。(下痢で休みまくった時は後悔しそうになったけど)そう思える理由は、

  1. もともと仕事が嫌いじゃない。仕事内容も前と同じなので割と分かっている。
  2. 職場に仲の良い人が結構いて、たとえ仕事が上手くいってなくても、その人たちに会えるのが嬉しい。
  3. (今のところ)子どもがすごく病弱ではない。
  4. 夫の帰りが割と早く(19時頃)、育児参加度合が高い。

などでしょうか。職場の人間関係がものすごく良いわけではありませんが(笑)、仕事自体が嫌いじゃないのが大きい気がします。

あと夫の育児参加ですね。夫の帰りが遅い日は、終業→お迎え→お風呂→夕ご飯→寝かしつけを一人でやるので、やっぱり結構大変です。

長引く下痢は乳糖不耐症でした(それと合わない小児科の話)

ゴールデンウィーク真っ盛りですが、我が家は子どもの体調不良のためどこにも行けないでおります。。

 

保育園に入園して1ヶ月、おそろしいほどに子どもの体調が悪いです。

今まで支援センターや商業施設に行っても、病気らしい病気もしませんでしたが、入園後すぐに鼻水ずるずる。2週目後半に生まれて初めての発熱、その後3週間にわたって下痢・・・と散々な結果です。

一番辛いのは子どもなんですが、復帰してすぐ休まなきゃいけないのも辛い・・・

おばあちゃんヘルプが頼めないのは結構きついです。

ちなみに保育園では鼻水程度はデフォルトのようで、みんな出てます(^^;)

 

長引く下痢との戦い

下痢がなかなか治らないので、小児科に複数回行きました。

そのたびに「胃腸の風邪は長引くから、1ヶ月なんて普通」と言われ、整腸剤はまったく効く様子もなく・・・。

下痢以外の症状がないので、2週間続いたところで、2次的な乳糖不耐症(※)ではないか?と聞きましたが、いや違うと言われ、下痢止めを処方されるも結局治らないままゴールデンウィークに突入。

連休中に下痢が悪化したため、急きょ違うエリアの小児科にかかったところ、あっさり「乳糖不耐症だね。ミルク変えて、乳糖分解する薬で良くなると思うよ」と言われました。。2日目にして既に改善してきてます。

だから言ったじゃん・・・この3週間は何だったんだ。。

(※)2次的な乳糖不耐症:風邪や胃腸炎を発端として、赤ちゃんがミルクに含まれる乳糖の分解ができなくなってしまい、下痢が続いてしまう症状。乳糖を含まないミルクに変える、乳糖分解の薬を飲む等で改善し、治ったら乳糖の摂取もできるようになる。「2次的」というのは、このほかに先天的な乳糖不耐症があるためです。

 

何が言いたいかと申しますと、以下の2点です。

  • 長引く下痢(下痢以外は元気)の場合、乳糖不耐症の場合があります。
  • 小児科は場合により、別のところも受診した方が良いと思います。

 

小児科選びって難しい

「かかりつけ医」が推進されていますし、ころころ病院を変えると、それまでの病歴や成育歴がわからないので、できるだけ一つの小児科に通った方が良いと思っていました。いや、今も基本的にはそう思っています。

なので、産まれた病院を除くと一つの小児科にしかかかっていませんでした。

地域で人気の小児科で、いつ行っても混んでいます。この地域のママさんたちは、そこに通っている人がとても多いです。

でも、ホントいうと最初から合わないなって思ってました。

その理由はいくつかありますが、

  1. 待ち時間が長すぎる。
  2. 予約がとりづらい。予約とれても1時間以上も待つこともあって、予約の意味があるのかどうか。
  3. 先生が子どもに優しくない。
  4. 頻繁に見せに来いというタイプ →薬は最小限しか出さない+待ち時間長い →働く親にはきつい。
  5. 他の医院(皮膚科や耳鼻科)に通うのを嫌がる。

最大の理由は(3)かな。散々待たされて、子どもに冷たいのって、何かもう、辛いです。

あと(5)ですが、小児科のほかに皮膚科や耳鼻科に通うのっておかしいのかな?

混んでる小児科って、特にインフルエンザの流行時期とかは可能な限り行きたくないと思ってました。(保育園入ったら、保育園の方がハイリスクなので気にしないけど)

なので、鼻水だけなら耳鼻科へ行ったし、湿疹だけなら皮膚科でした。

全部診れますから全部うちで!っていうの、病歴の把握という意味では分からなくはないですけど、こっちにも選択権があると思います。

あとさ、お母さんには強く言うのに、お父さんには言わないのってなぜですか。子どもの味方なら、お父さんお母さんへの対応は同じじゃないと、理屈が合わないよ。

ごめんなさい、これはただの愚痴でしたね(=_=;;)

でも、小児科ってそんなに沢山あるわけじゃないし、他のところに通ってた人って嫌がられそうで、次に具合悪くなったらどうしようかなと思ってます。

 

下痢の看病について

下痢になると、もれなくおむつかぶれが付随します(;_;)

下痢のうんちは刺激が強く、頻回なので、皮膚への刺激がとても強いとのこと。

最初は毎回洗っていたんですが(病院では洗うように指導されます)、何しろ5分に1回とかだったので、皮膚がカサカサしてしまって逆効果のように思えてしまい、途中からは「3回に1回くらい洗う、大量の時は洗う。その他はベビーオイルを含ませたコットンで落とす」に変えました。結構良かったように思います。

1日中お尻を洗っていて、気が狂いそうでした・・・

下痢で夜も起きちゃうし、仕事にも行けないし、小児科は冷たいし、夫婦ともにぐったり。

復帰1週目で続けていく自信を失い、2週目で腹を決めて、3週目で開き直った感じですかね。

 

あ、でもお子さんの体調は本当に個人差があるので、たまに全然休まない子もいるそうです!

服が大好きだった自分は、復帰後の服装をどうするか(あと将来の話)

自宅安静で時間があるのでどんどん書いちゃいます。

 

私は洋服がとても好きで、大学生~20代の頃は毎月雑誌を眺めては、今度はこんな服買おう、あのワンピースと合わせたら素敵だなぁ、なんてよく考えていました。

そんな高収入ではなかったので、セールで買ったり、似たようなデザインの安い服を探したり。

雑誌を捨てる時に気に入った洋服だけスクラップして、自分はこういう服装が好きなんだなーと整理したり。それはそれは楽しかったです(^^)

それでかなりの量の洋服を持っていたんですが、結婚・出産を期に半分近く処分しました。年代的にもう着れない服もあったし、経年劣化もあるし。

3月にまた大量に処分して(子ども服の収納場所を作るため)、現在持っている服の数は過去最少数だと思います(^^;

 

復帰後の服装ですが、もうパターン化しちゃおうかなと思ってます。

あれこれ考えてる時間もないしね(^^;

でも楽しみがなくなったら自分が辛いので、好きな洋服でラインナップを組んだらきっと楽しいのでは?と思います。

ブラウス・シャツを3~4枚、ニットを2~3枚、ワンピを1~2枚、スカートを2~3枚、パンツを2~3本、これでかなりのラインナップ組めるのでは。

我が子は抱っこ大好きちゃんなので、よだれがつきやすいんですね。

それは全然構わないんだけど、やっぱり洗いにくい素材、クリーニング必須の素材は避けるようになるよね。

同じような理由でトップスに白を持ってきにくいので、ボトムスに白を持ってきちゃおうかなと思います。白はすぐ汚れて1シーズンで終わりがちなので、ユニクロのホワイトジーンズでOK(笑

スカートもね、タイトスカート派だったんだけど、自転車送迎するから履けなくなっちゃいます。。しかし今更フレアスカートも違う気がして、ちょっと難しいな。

こうやって考えること自体が、楽しいんだね~

 

また全然違う話で恐縮ですが、将来の話というか、夢というか。

今は子育てもあるし住宅ローンもあるので、会社を辞めることはできないんだけど、いつか子どもや若者の支援に携わりたいなと考えています。

昔少しだけ仕事で関わったことがあって、収入に繋げるのは難しいけど、子ども・若者の支援って1人の人生を大きく左右するし、子どもにとって(家族じゃなくても)信用できる大人がいるって大きな支えだと思うので、本当に必要なことだなと思いました。

子どもや若者の支援って、一口に言っても色々あると思うんですが、

  • 生活支援(経済的に困窮してる子どもに、食を届けるなど)
  • 学習支援(勉強についていけなくなった児童・生徒に、勉強のフォローをするなど)
  • 中退予防・就職支援(相談窓口、就職が決まらなかった制度の支援など)

など、地域のNPO団体さんなどが沢山活動されてるんですよね。有名なのは「こども食堂」とか「学生による学習フォロー」とかかな?

会社では言えないけど、ブログだから書いてみました。

あ、会社でもやりたいことがありまして、

  • 休職者のフォロー
  • 子育て中・介護中の社員のフォロー

です。今のところ社内で組織だった取り組みはないんだけどね、いずれ出来るかもしれないし、そもそも今はフォローされる側なんだけど・・・

勉強してみようかな。ちょっと違う方向の目標があると、頑張れる気がする。

子育ての制約つき社員でも、志すのは自由!誰にも言えないけど、夫はきっと応援してくれるはず(^▽^)

子育ての先読みをやめました。

早速、保育園の洗礼を受けました(感染症

もう先週のことになりますが、保育園に通い始めて2週間目、子どもがウイルス性胃腸炎をもらい欠席しました。

慣らし保育も離乳食もストップ、生まれて初めての発熱で親もオロオロ。

40度近い発熱だったので、とても心配しました。。子どもも熱で眠れないので、夜中もずっと抱っこで、子も親もへとへと・・・

そして今週、子どもが治ったと思ったら母(自分)へ感染(T_T)

出産後初めて寝込みました。。復帰前で良かったよ。

 

以前にこんな記事を書きましたが、

育休中にやっておきたいこと(その2)保育園以外のこと - タイトルが思いつきません。

慣らし保育中に時間がいっぱいあるはず!と思ってたら、気づけばもう全然時間がない(T_T)

部屋の片づけや不用品の処分を3月中にやっておいて良かったよ・・・

 

子育ての先読みはやめた

自分は、つい先を考え、先を読んで行動するタチで、

「きっと次に●●が発生するから、今のうちに××しておこう」

「今●●しておけば来週早く帰れるはず」

のような考え方をしがちです。心配性なのかもしれません。

人生の選択もそうだったし、勉強とか仕事のやり方もそうでした。たぶん保活も。

仕事においてはこのタチに助けられてきたんですが・・・(無駄足になることもあったのでいつも良いとは言えない)

子育てについてはこのクセは止めようと思いました。

慣らし保育、十分に期間があると思ってたんですが、病気により思うように進まず、復帰が来週に迫っているのに、美容院も自分の服の調達もできていません。友達と会う予定も次々とキャンセル・・・。

離乳食、まだ1回食なので、保育園からもらう「食材リスト」をクリアして、早めに保育園の給食を食べさせてあげたいんですが、もう1週間ストップしてます。復帰までにリストをクリアしたかったのに、絶対無理そう(;_;)

上記のようなことがあってちょっと焦ってたし、連日の看病疲れもあってギブアップ寸前だったんですが・・・

 

もうね、子どもの体調が一番大事だし、何が起こるか全然予測できないので、次はこうしよう、来週はこうしよう、って考えるの止めました(笑

子育てについては、今日と明日のことだけ考える!!

あっ、でも、「子どもの体調不良」は早めに読めるようにしたい。

何かまずそうだな、いつもと違うなと思ったら無理しない、可能なら休ませること。無理して登園させると結局長引くか、下手したら入院する羽目になる。

これは、先に復帰した先輩ママからの教えでした。

 

適当に頑張ろう

先日会った旧友(先輩ママ)が話してたんですが、

子育ては几帳面な人の方が悩みやすい。「やることリスト」を作ってクリアしていくような。

あぁ、私やることリスト作るタイプ(笑)育休中にやりたいこととか挙げちゃってるしね・・・

そうなんですよね、やりたいことが全然できないのが子育てライフなので、やりたいことができなくてイライラするくらいなら、いっそリストはない方が良いかも。

でも、いざ時間が出来たときに何していいか分からないのも勿体なくて・・・

「できたらいいなリスト」くらいがちょうど良いのかな(^_^)

適当に適当に。子どもの命が守れれば、家が多少荒れていても、しばらくはオッケーさ。

仕事と子育ての両立大変そう!私には絶対無理!って思われないように

気負わず生きる姿が、後輩たちにも見せられたらいいなぁ。なんてね。

いやたぶん大変なんだけどね・・・

おすすめグッズ(0歳入園と仕事復帰関係)

買ってよかったもの、これから買いたいものをおすすめしてみます(^^)

 

スタイ

カブりにくいアメリカブランド、カーターズ。しかも安い。保育園向きです♪

子供服は柄物が多いので、スタイとボトムスは無地を選んでいます。

保育園では着替えが頻繁に行われるので、柄物を増やすとボーダー×ボーダー×チェックとかになります(笑)

 

ボトムス

0歳入園の悩みどころが服のサイズ・・・

70サイズのセパレートってあまり売ってないし、すぐ着れなくなるから買いたくない。でも80サイズを買って裾上げとか面倒すぎる・・・

と思ったら、80サイズの7分丈がジャストサイズでした!近年は暑くなるのが早いので、夏素材を多めに買いました。

ユニクロの7分丈レギンスも定番ですが、カブりまくります~。まぁ気にしないけど(笑

トップスも80サイズの7~8分丈を愛用。

 

職場での室内履き(内勤の人向け)

バタフライツイスト、可愛いし楽なので、すっかナースサンダルを履かなくなってしまいました。来客対応も外出も可能なのがいいですね。

もちろん外履きもできますが、雨に弱いのでご注意を。基本的に布製なので、しみこみます。

 

アームカバー(保育園送迎用)

4月の紫外線おそるべし。わずか5日ほどのベビーカー送迎で、もう手の甲が焼けてしまいました・・・

ベビーカーだと日傘も差せないし、保育園の荷物多いし、アームカバーデビュー。

あ、ベビーカーだけでなく、自転車も車も手は焼けますね(^^;

抱っこ紐だと日傘も可能かなーと思いましたが、赤ちゃんとの接着面が暑くて、早くも断念しちゃいました。。4月でこんなんじゃ、夏が思いやられる。

共働きへの不安

慣らし保育が始まり、出産後初めて、家で一人の時間ができました。

やっと一人の時間が!!というよりは、子どものいない家に帰る寂しさが勝ります。

1歳入園だったら違ったのかなー・・・やっぱり1歳にすべきだったかな・・・と思いつつ、横浜市のホームページで4月の待機児童数を見たら(1年で1番待機人数が少ないはず)、入園した園の1歳クラスは何十人も待機がいたので、やっぱり0歳入園しかなかったんだ、と言い聞かせる。

慣らし保育、0歳1歳クラスは毎日阿鼻叫喚ですが、我が子はほとんど泣きもせず、にこにこ通ってます。良いことだけどちょっと寂しい(^^;

保育士さん、後ろにも前にも泣き叫ぶ新入園時を抱えて、親の対応とか、ほんと神ですよこれは・・・。自分の子1人だって結構大変なのに(=_=)

お願いだから給料上げて・・・誰に頼めば上がりますか。。

 

ほんの数か月でしたが子育て支援センターに通って、地域に知り合いのママさんたちができました。

そのことは本当に嬉しくて、今まで地域に誰も知り合いがいなかったから、挨拶する人も立ち話する人もいなかったけど、駅前で偶然会ってちょっと話したり、見かけたら声かけてくれる人ができて、有難い限りです。

でも専業主婦ママと共働きママが両方いるので、自分はこれでいいのかな、と考えさせられてしまって。

保育園激戦区なので共働きママがとても多いのですが(感覚的には3/4くらい)、もちろん専業主婦の方もいて。

仲良くなったママさんたちにも両方いて。

学生時代の子供のいる友人は、専業主婦の子がほとんどだったりして。

 

専業のママさんたちは、3歳までお家で過ごして、支援センターに行ったり、一緒にお出かけしたりして過ごせるんだよね。3歳からは幼稚園に行って、夕方からは一緒に過ごして、時には習い事に行ったりするのかな。

何かもう、子どものためには絶対そっちの方が良く思えて・・・

家事も適当、毎日子どもを急かして、土日は疲れてぐったり・・・となったら、私は何のために働いてるんだろう、子どものためには辞めた方がいいんじゃないか、って悩むだろうな。

仕事は好きだし、経済的にも共働きは強力だけど、職場にも迷惑かけるだろうし、これからも悩みながら働くんだろうな。

 

ちなみに私は自分の育った家庭も共働きで、両親は現在もフルタイム勤務中という生粋の共働きっ子なんですが(全然自慢にならん・・・)

自分の実体験から、「保育園に入れたら親と過ごす時間が短くてかわいそう」というのは、あまり当てはまらないかなと思っています。友達もできるし、先生も優しかったし、家にいる時間は親にも沢山遊んでもらえたから。

何より、周りの子たち(保育園の友達)も、みんな親が働いているから。

それゆえに、小学校に入ってからがとても寂しかったです。

親が家にいる友達が多いから(;_;)

周りと比べるなっていっても、子どもは比べちゃいます。というか日々の生活で、比べざるを得ない状況に置かれる。

私は学童に行ってましたが、仲良しの友達はほとんど学童に行っておらず、学童にはあまり知らない子ばかりで、通うのが結構辛かったです。学童のキャンプとか全然行きたくなかった。。

今は共働き家庭が増えているので、多少違うかもしれません。

学童を卒業してからも、友達の家に遊びに行くと、お母さんがいて、おやつを出してくれるのに、うちに来てもらうと自分でもてなすしかなくて、家も散らかってるし、本当に何というか・・・情けなくて、お母さんが仕事頑張ってるの子どもだって分かってるから、お母さんには絶対に言えなかったけど、情けなくて、恥ずかしくて、とても寂しかった。

私も弟も小学生だったとき、弟の友達が遊びに来たけど家にお菓子がなくて、夏だったから必死にかき氷を作って、家の氷がなくなっちゃって、「もうないの?お菓子はないの?」と言われて、「ごめん、ないの」と言ったあの辛さ(みじめさ?)を今でも覚えてるよ。

だから、どっちかというと小学校入学以降を心配してます(*_*)

小学校高学年になると、また変わってくるんだろうけど。

親が働いてて良かったと初めて思ったのは、高校生~大学生くらいかなあ。経済状況にゆとりがあるので、進路が限定されなかったから。

といっても、1馬力で同じくらい稼いでるお家もあるので、やっぱりそれが最強なのかなぁ(^^;

リストラとか病気とかリスクはあるけど。

そういえば、意外と大学の友人には共働き家庭の子が多かったです。親の職業は、教師、保育園or幼稚園の先生、薬剤師、看護師、研究者など。

 

あーあ、不安いっぱいの両立スタート。

子どものこと大好きなのに、何でこんな思いをしなきゃいけないのか、悩みながらも、自分の選んだ道だし、とりあえず適当に頑張る。

無理そうだったら、またその時考えよう。

借りれる力はどんどん借りて、家事は可能な限り機械に任せよう。

何より子どもの様子をよく見よう。

広告を非表示にする

子育て支援センターに行ってみました

まるで初めて行ったような言いぶりですが、2カ月間行ってみた感想です。

というのは、保育園に入るため2カ月間で卒業するから。切ない(T▽T)

 

子育て支援センターの存在は、保健師さんの新生児訪問のほか、地域の子育て支援員さん訪問(民生委員さんの子育て版の方のような、地域の方)で知っていましたが、以下のような理由でしばらくは行ってませんでした。

  1. 晩秋生まれのため、出歩ける頃には季節が真冬だった
  2. インフルエンザとノロウイルスが猛威を振るっていて、人の多いところへ行くのが怖かった
  3. 子育て支援センターが実際どんなところか分からないので不安
  4. 新生児育児で余裕がなく、新しいことを始める気力なし
  5. 「ママ友作り」への単純な恐れ(笑

とくに3番目なんですが、

  • 0歳児さんって来てるのかな?おもちゃで遊べるような(なおかつ幼稚園入園前の)1~3歳児さんが多いのでは?
  • 年度後半だったし、もう仲良しグループとかできていて、新規で突入しづらい雰囲気では?

などが気がかりで、なんとなく足が向かずに生後3ヶ月を迎えておりました。

行ってみた結果、これらは杞憂に終わりました。

地域性があると思いますが、さすがは保育園激戦区だけあって、

  • 働いているお母さん(育休中)が結構多いので、メンバーの入れ替わりが多い(おそらく4月でメンバーがかなり変わります)
  • いつも同じ人がいるわけではないので、メンバーの固定化もない
  • 日によるが、0歳~1歳が圧倒的多数

というわけで、新規突入全然OKな雰囲気でした。スタッフさんがいる日に行ったので、初めてだと紹介してもらえたりして。

月齢の近いお母さんや家が近い方で、かなり仲良くなれた方が見つかって、本当に行ってよかったと思いました。

とにかく近所に知り合いがいなかったので、特別仲良くなくても、駅前で会って挨拶したり、ちょっとお話できる人が結構できて、嬉しいです。

あそこの病院がどうとか、小学校がどうとか、知らなかった話が沢山聞けて、とっても参考になりました。

 

ちなみに育休中母が多いので、当然保活話もよく出るんですが・・・・

  • 0歳児だから良かったけど(保育園希望者でどこも決まっていない人に1人も会わなかった)、1歳児だと受かった人・落選した人がいて微妙かもしれない。
  • 第●希望に決まったとか、人気園に決まったとか、年収とかに関わる話なのであまり深い話はできない。

などの懸念事項もあった。

激戦区なので0歳申込みしたけど、1歳申込み希望の人が結構多くて、そりゃそうだよなぁと思いつつ、1歳厳しいみたいですよなんてことは当然言えず、来年決まるといいなぁ・・・ホント1歳で入れたら一番いいよね・・・と思い、「そんな早くから預けるんですか!」と言われ、少し複雑な気持ちになりながら・・・

 

とにかく行って良かったです。色んな人がいるだろうけど、ほんの数人でも、気の合う人が見つかるとすごく嬉しい。